1. HOME
  2. HIROO magazine
  3. 居心地のいい暮らしを提案する【tou/tell(トウテル)】北海道・芽室町 ~広尾町を感じるお店~
HIROO magazine

居心地のいい暮らしを提案する【tou/tell(トウテル)】北海道・芽室町 ~広尾町を感じるお店~

HIROO magazine

北海道の芽室町に、 おしゃれな空気感の漂うお店がオープンする しかも 広尾町の昆布も”販売する と小耳にはさんだので、いてもたってもいられなくなりオープン日にさっそくピロロ取材班が【tou/tell】さんがどんなお店かチェックしてきました。

店名の【トウテル】とはtou=問う、tell=伝えるの造語

より良い生活を目指すセレクトショップ

 【tou/tell】は、2021年3月11日にオープンしたセレクトショップ。お店に足を踏み入れると、珍しい雑貨やおいしそうな食品に溢れたおしゃれな空間が広がります。ずらりと並ぶ商品は、普段使いできる身体に優しいものばかり。自分の子供にも食べさせられるのはもちろん、老若男女問わず楽しめるものを軸にしているんだとか。また、小麦アレルギーやビーガンにも対応できる食品も扱っています。「できるだけたくさんの選択肢を用意できるお店でありたいです。」とオーナーの北原えりさん。

  

歩いて行ける生活圏内に自分が通いたくなるお店を

もともとは札幌の病院で働いていた絵莉さんですが、地元である芽室町に家族でUターン。 自身の出産、子育て、災害など経験する中で 〝どう生きていきたいか〟を模索していたといいます。 日々の暮らしの中で完璧な生活を継続するのは難しい、出来ることから始めようと考え、自分が欲しいと思える日用品をふらっと歩いて買いに行けるようなお店。人と人が自然と交流できる場所を作りたいという想いから『tou/tell』をオープンしました。

ナッツやコーヒー、昆布まで量り売りが楽しい

【tou/tell】に来たら絶対に買いたいのが、ドライマンゴーやバナナ、コーヒー豆などを必要な分だけ購入できる”量り売り”。自分が食べたい分だけ購入できるのも嬉しいですし、容器は自分で持ってくるのもOK!極力ゴミを出したくないという思いから量り売りのスタイルをはじめたそう。私個人的はおすすめはピスタチオ!つまみに最高です。

カカオニブや昆布といった変わり種も。

ピーナッツバターは、自分でスイッチを押したら作られる超できたて!

広尾町産のイチオシ商品『Stardustkelp(星屑昆布)

そして、広尾町から満を持して開発された『星屑昆布』という商品が使い勝手抜群! 昆布を粉砕化したものなのですが、出汁がたっぷり。パイナップルなどの果物にひと振りするとなぜかジューシーに甘くなったり、料理の味に深みがないときに少しいれるだけで各段においしくなったりします。一度買ってしまったら虜になること間違いなし。

とにかく万能。どんな料理にもひと振りしてみて!

お店の隣には気になるDJブース

取材時にはまだ作りかけでしたが、お店の隣には気になるDJブース。 夫が音楽が好きで、『ゆるく誰でも音楽やアートに触れられる場所をつくりたい』という想いから、ひといきつける場所を併設したそう。現在このスペースは不定期でのオープン。この後徐々に整えていくのだとか。 音楽やアート、色々な場所から訪れるお客さまとのコミニュケーションを楽しみに。休日や仕事終わりのひととき、ふらりと【tou/tell】を訪れてみるのはいかがでしょうか。

トウテル (tou/tell) 北海道河西郡芽室町東2条2-1-9

営業時間 [月~金]11:00~18:00[土]10:00~15:00 定休日 日曜日、その他に土曜日、月曜日が不定期休日

取材・文 中村麻矢

撮影  濱谷創平